5月12日(日)定例観察会の報告

2024年5月12日(日)AM 曇天・20℃・風速3m/s
薄手の長袖シャツを羽織って丁度よい陽気の朝の流山を出発し、一路葛西臨海公園駅へ向かいました。

駅前広場に集まった会員19名にて観察会がスタート。市内の定例観察会とは異なり、顔なじみばかりに囲まれて安心感があります。まずは潮干狩りで賑わう前の西なぎさに直行してシギ・チドリを探します。風が強いとの予報がでていたため心配しておりましたが、肌寒さはありつつも耐えられるレベルで胸を撫で下ろしました。


東なぎさとの間にある水路では、潮が引き始めて徐々に姿を現したカキ礁に、ミヤコドリ、チュウシャクシギ、キアシシギ、キョウジョシギたちが集まって採餌をしています。上空では「キュイ」と鳴きながらコアジサシが風に押されつつされど悠々と飛行し、「ピューイ、ピューイ」と鳴きながら次々とキアシシギやチュウシャクシギがやってきて、賑わいを増してきました。


立派な冠羽が風になびいて恰好良いコサギ、なぎさに降り立ってしばし佇んでくれたコアジサシなど、近くで観察できて楽しませてくれました。

そして、遠くの東なぎさでも潮が引いてきて、アジサシ、コアジサシ、セグロカモメ(一部オオセグロカモメらしきものも居ましたが同定できず)、ウミネコ、カワウなどが飛び交っています。少しだけ見えていたカキ礁の上では、大型のシギらしきものが採餌していました。遠くてはっきり見えなかったのですが、下腹と下尾筒が明らかに白く体型もチュウシャクシギより大きく見えたので、ダイシャクシギということにさせていただきました。(よっちゃん、次回ははっきり見てすっきりしたいですね!)

渚橋の手前では、鳥類園ウォッチングセンターのスタッフの方がイベントを行っていました。

看板に記載のある通り、シロチドリは20年で8割が減少している絶滅危惧種です。西なぎさでは、昨年営巣が成功したようで、引き続き保護活動を続けていくとのことでした。

【閲覧注意】既に息絶えたハシボソミズナギドリをハシブトカラスが啄んでいました。外洋性なので陸地ではみることのない鳥ですね。いつの日か、飛翔している姿を見てみたいものです。


次に鳥類園と向かい、今年から再開したウォッチングセンターの二階に上がり周囲を確認します。残念ながら、最後の1羽が残っていたクロツラヘラサギは渡ってしまったようでした。上の池・下の池では、ダイサギ、コサギ、オオバン、カルガモ、マガモ、カワウ、カイツブリ等が観察できました。一瞬、丸々と太った可愛いタヌキが現れて子供たちも大喜びです。


擬岩の観察窓では、下見の際に見たアカアシシギには出会えず残念でしたが、コチドリ、キアシシギ、ハクセキレイなどを観察できました。

水門をとおり旧江戸川河口沿いに或るあずまやで昼食タイム。風速10m/sという強い風にさらされながらの食事となり、長く居られないことから談笑の余裕もなく急ぎ食べ終えることとなりました。


その後、干潮を迎える三日月干潟をじっくりと観察する予定でしたが、強風のため予定を変更し鳥合わせの後に解散→自由行動としました。最後に1羽の採餌しているホウロクシギを観察することができたのはとてもラッキーでした。鳥合わせの結果は35種と下見時より少なかったですが、西なぎさで活発に採餌するシギたちが見れたので、個人的に満足いく観察会となりました。

シギ・チドリ類は識別が難しいですが、それを同定することもバードウォッチングの醍醐味の一つだなと改めて感じました。来期以降の定番化も検討したいです。

5月12日(日)定例観察会の報告” に対して4件のコメントがあります。

  1. よっちゃん より:

    昨日はお疲れ様でした。
    曇り空に砂の上、おまけにシギ類たちはみんなモノトーンで、RockyBirdさんが、「白黒写真を撮っているみたいだ」と笑っていらっしゃいましたが、さすが、きれいに撮れていますね。
    こんなにたくさんのシギ類を見たのは初めてで、最初は探すのに四苦八苦しましたが、だんだん慣れてきて楽しかったです。次回の三番瀬で復習ができると良いのですが。9月まで忘れないようにしないと。
    それにしてもすごい風でしたね。
    幹事さん、ありがとうございました。

  2. ふーさん より:

    いやはや、昼以降はとんでもない風でしたね〜 朝一番の西なぎさがあの強風でなかったことが救いでした☺️

  3. Hatoさん より:

    みなさま、お疲れさまでした。恐怖の強風(⁉)、風が強かったですね。上着を着ていてよかったです。
    今回、初めて見た鳥は、キョウジョシギとキアシシギ(はっきり黄色いあんよを見たぁ!)でした。ホウロクシギとダイシャクシギのおなかの色での見分け方は勉強になりました。実際に2羽並んでいるところを見たいものです。また、コサギの冠羽や目の先の紫色もはっきり見えて思わぬところで感動しました。
    次回は対岸のドナルドダックを激写してみたいと思います(笑)
    幹事の皆様、ありがとうございました!!!

    1. ふーさん より:

      キョウジョシギという名前は、京女が着る派手な色彩の衣装が由来のようですね。この時期はきれいな夏羽が観察できるので沢山見れて良かったです。

      そしてキアシシギは、澄んだ鳴き声を聞かせながら次々と飛んできて壮観でした。

      次回は、ホウロク・ダイシャク・ドナルドの大型トリオでファインダーにおさめてください❗☺️

コメントを残すにはログインしてください。